団体概要

 

一般社団法人みらいのいばしょ研究所は、生きづらさを持つ子どもや若者に寄り添うために設立されました。

例えば不登校、例えばひきこもり。発達障害などに起因する生きづらさもあるかもしれません。人は一人ひとり、違うもの。個々人にあったオーダーメイドの支援によって、その人の未来へ続く道を一緒に歩んでいきます。

心理学の専門家を含むスタッフが、オンライン家庭教師、オンライン心理相談の機会を提供し、また、居場所の運営を行っていきます。

安心できる場で、学習、表現活動、余暇活動など、他者や地域社会とつながる体験を積み重ね、子どもや若者の成長と自己実現をサポートしていきます。

​スタッフ紹介

 

​代田剛嗣(代表)

最終学歴:早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻。
公認心理師。日本心理学会会員。

大学、大学院で、臨床心理学を学びました。専門は認知行動療法、応用行動分析です。
複数の大学での非常勤講師を経験後、障害福祉の道へ。主に発達障害の子どもを対象に、児童指導員として直接支援、相談支援専門員としてケアプランの作成に携わってきました。
また、通信制高校のサポート校・フリースクールでの指導や、発達障害・軽度知的障害の方の運転免許取得の支援にも携わった経験があります。

​代田智行

最終学歴:慶応大学大学院経済学研究科

稲村めぐみ

角田義治

​アドバイザー紹介

 

加藤深雪(発達障害・就労支援アドバイザー)

一般社団法人あしたの働き方研究所代表理事。経営コンサルタント、産業カウンセラー、修士(カウンセリング)、GCDF-Japanキャリアカウンセラー。

中尾 貞人(ひきこもり支援アドバイザー)

一般社団法人コブル(CO-BLUE) 代表理事。ひきこもり支援相談士認定協議会 会員。ひきこもり支援相談士。

市村均光(不登校支援アドバイザー)

​みらいばニュース

 

​会報「みらいばニュース」第1号を公開しました